こちらは大丈夫です

先週金曜に私は大樹と昼寝をしてました
3時少し前です
身体が揺れ【あっ地震だ!】 と横になったママ様子を見てましたが
なんとなく収まりかけたと思った次に大きな横揺れが起き、私もこの事態の大きさに驚き
オロオロするばかり 本当に長い地震でした
大樹はその時も寝てましたが(~_~;)

私が起きてオロオロした事を見て大樹も私について行ったり来たりしてました

そのうちTVの上の物が落ち出し心配になり外に出ようと思った所
やっと収まってきたので家の中で待機しました
直ぐにTVをつけましたが既に停電となっていました。

その後私は仕事だったので明るいうちに、キャンプで使う電池のライトやヘッドライト
そして断水も考えチョロチョロ出る水道水をあらゆる入れ物に溜め用意しました。

ラジオがないので何の情報も得られず、取り敢えず大樹の用足しの為、散歩に出ました
近所の工場、パチンコ、運送の皆さんたちも外に出て不安そうな表情でした
すぐに私も携帯でKAZUに連絡とろうと思いましたがすでに繋がらなかったです

大樹にご飯を食べさせ4時に家を出ました
車で仕事場に向かったのですが停電の為、信号は止まり
交差点では大渋滞になっていました
その時に国道がパニックになってることを知り事の大きさに
改めて気づきました
そして車のラジオで地震の被害を聞き東北の家族の安否が心配になりました

地震から1時間ほどしてやっとKAZUと電話がつながり無事を確認出来ました
仕事は9時ごろ終わったのですがまだ停電は続いていて
ひとつもの灯りのない市内は何とも異様で不気味さえ感じました

家に帰ると真っ暗闇から大樹が玄関に待っていた用で尻尾を振って出てきました
直ぐに用してたライトで灯りをつけ家の中にあったオイルランプもつけ灯りの確保は出来ました
何の音もなくシーンと静まりかえった部屋、大樹に話しかけ二人で過ごしていると
やっとKAZUが帰宅し、ホッとしました。

この間関西の友達の皆さんからご心配のメールを頂きまして
本当に有難かったです
本当に有難うございました

停電は翌日の未明のほぼ12時間続きました


昨日昼過ぎに岩手の家族と連絡が取れ、仙台の姉も含めみんなの無事の確認が取れました

日事に増える東北の被害を見て、ため息ばかりです
まだ安否の分らない家族の事を思ってる皆さんの事を思うと
本当に心が痛みます

今までにない地震被害 現場はまさに地獄絵図でしょう
その中にはきっと犬達もいたはず
自然の猛威の前での人間の無力さを本当に痛感させられます


先ほどスーパーに行きましたが
まず駐車場は満車でスーパーではカゴがなく、
トイレットペーパー、カップ麺などは売り切れ
レジでは長蛇の列
何か殺気立ったものを感じました
そしてガソリンスタンドはすでに供給できない店が続出
開いてるスタンドがあればそこでは大渋滞が起きてました
ガソリンは規制されて入れてるそうです

そして今日から始まる計画停電
今のところ停電はしてませんがこの先不安です

福島原発があのようになった以上致し方ないと思いますが
後手後手にせず、自治体も混乱してると思いますが
何とか情報を先に正確に流して欲しいと願うばかりです

この非常事態、譲り合いの精神
みんな同じ立場です
自分の事よりも被災地の方を思いみんなで乗り越えたいと私も思います
今できる事はまず節電!
微力ながら節電に協力したいと思います

みんな~! 頑張りましょう!!
[PR]
by kenta_naokonet | 2011-03-14 14:03 | 日記・独り言


<< 大根が… 梅畑 >>