初の2000M超え

あぁキツカッタ これが正直な感想です

遅ればせながら11月8日に八ヶ岳の編笠山に登ったレポをまとめます

最近遠出のなかった我が家
どこか山でも歩いて温泉にでも入りたいなぁ~
とKAZUに言うと
良いところがあるよ 八ヶ岳でも行きますか! と決定
7~8年ほど前に登った記憶からさほど大した事のない山との事で決意

d0074388_1251694.jpg



d0074388_12134028.jpg
大樹は車の中からソワソワ
秋色の八ヶ岳へGO-!











d0074388_1214956.jpg

真っ青な空に真っ赤なもみじが映えます

9時半に到着
駐車場にはすでに数台の車がありましたが
この編笠山はトレッキングに人気があるようで休日には満車になるそうです

d0074388_121945.jpg


この辺りはまだまだ余裕があり楽しく歩き始めました
大樹はあまりの嬉しさに興奮し、キレ走り着いて早々にKAZUから一喝!
ずっと我慢してたので仕方ないのですがね‥・・・

d0074388_122207.jpg

段々と傾斜もキツくなってきました

先を歩く大樹とKAZUに追い付こうと歩きますが
体力のなさ
運動不足
体重増加 
痛烈に感じました
一歩が重く、心臓もバクバク

楽しさがなくなって来ました (´Д`)ハァ…
d0074388_1226551.jpg

1時間程歩いたのでしょうか
少し開けた所から富士山を臨むことが出来ました
綺麗な富士山
気を新たに頑張って歩きます!

d0074388_1231484.jpg





そこから更に傾斜がキツくなり大きな石が出てきて
足元が悪くなりました
歩き始めから2時間半で押手川 と言う広場に出ました

もう足もフラフラ
気力もなくなり、KAZUから進むか戻るか決断を迫られます







d0074388_12382367.jpg


ここからだと1時間半ぐらいで山頂との事
頑張って登る事を選択し
山頂を目指します


一歩一歩自分のペースで歩きます
もう写真を撮る余裕などなく、山頂へのタイムリミット2時までになんとか
急がなくてはと気持ちは焦るのですが足が付いていかない (´;ω;`)

大樹も私を心配して戻って来てくれますが、大樹も疲れてきたのか
最初の元気はなくなってました

d0074388_1251934.jpg

途中大樹にとっては試練なこんな場所も
難なくクリア
お母さん頑張ってぇ
と大樹も応援してくれます

d0074388_12554079.jpg


d0074388_12463576.jpg
押手川から1時間半した所でまだ山頂にはつかず、眺めのいい場所に出たので
ココでお昼休憩

コンビニで買ったおにぎりとカップ麺
暖かいカップ麺が体も心も回復させてくれます
あともう一息頑張らなくては!




d0074388_12562979.jpg


そこから30分歩きやっと到達出来ました!!

大樹も私も初の2000M超えの山です
初登山を祝ってくれてるかの様な晴天
360度見渡せる景色
登った者だけが見れる絶景です



d0074388_12592723.jpg

d0074388_12595864.jpg


山頂は風が強くて体感温度はかなり低いのでしょう
写真を撮り終えたらサッサと下山です

4時間半かけて登った山頂ですがあっと言う間でした(笑)


d0074388_1364195.jpg


霧氷です
山頂はもう冬の到来ですね

タイムオーバーしてしまったので後は下山するのみ!


d0074388_1371661.jpg

ココからしか見られない権現岳
7~8年前に来たKAZUは編笠山を登りそこからこの山に登ったそうです
どんだけ早いペースだったのか?!
登った本人も今日のきつさを感じ、信じられないと言ってました
それだけ歳を取り体力もなくなって来てるのでしょうね

d0074388_13121760.jpg

上りとは違い下りがまた体力を消耗します
KAZUも膝の古傷が痛みだしペースも落ちてきました
私も登り程の心臓バクバクは、ないものの足がもうフラフラで
大きな石や大きな段差、アップダウンが堪えます


そして時間の心配もあります
既に夕日、一歩を急がねば暗闇に包まれ遭難してしまうかも((((;゚Д゚))))
そんな不安と焦りと体力の消耗と戦いながら
何とか無事に駐車場まで辿り着きました ホッ


出発した観音平が1570Mで登った編笠山が2524Mと約1000Mの登山でした
本格的な登山は今回初めてで、凄くしんどかったけど達成感がありました。
翌日から三日間筋肉痛になり、歩くのもやっと(^^ゞ
階段なんてロボットが歩くようでした(笑)

大樹も同じく三日間は疲れが残っていたようです
KAZUも反省してましたが、一歩間違えば大惨事になっていたので
計画はしっかり立てないとダメですね

でも山頂からの景色は一生忘れないと思います

今度はもっと気軽に歩ける所がイイですね!
[PR]
by kenta_naokonet | 2012-11-21 13:34 | キャンプ・トレッキング


<< 黄葉 パンケーキ >>