優祐検診

優祐は生まれつき膝の障害をもってます
病名は【膝蓋骨外方脱臼】です
レトリバーには比較的多いようで、特にフラットはもともと膝のお皿のはまり具合が浅いため
脱臼しやすいそうです
症状の酷い子は外科的治療になるのですが幸い優祐の症状はグレード2と軽症な為
定期的な検診となってます
今回はやく1年ぶりの検診でした
見た目には殆ど異常は見られずごくごく普通に生活しています
ただ気をつけていることは回転運動
ボール遊びなどの時にひねる動作が特に膝に負担がかかりよくないので
ボール遊びは基本的にはしていません
でも優祐はこの遊びが大好きなのでさせる時はボールを先に投げ転がりが止まった時点で
優祐に取りに行かせてます
待つのも優祐の訓練にもなりますしね
あと良く先生から注意される事はフローリングのすべりです
我が家はフローリングではないので大丈夫なのですが
今日はレントゲンを撮り去年の物と比較しましたが殆ど進行はしてないようでした
進行が早い子は関節炎の痛みなどが現れ足を引きずったり持ち上げたりします
そういう動作もないし、現在は痛みも殆どないでしょうとの事でした
ただ関節炎があることは確かなのでこのまま引き続き定期的な検診をしてきましょう
との先生の見解でした
小さい時から遊びの制限や、泳がせて筋肉をつけたりと優祐には気をつかってきましたが
それが良い形に表れているようでホッとしました

今日は順番を待っている間、ずっと優祐の鼻ピーが煩く本当によくこんなに
ピーピー鳴ける物だと感心してしまいまいました
大学病院なので他にも様態の悪い子がたくさんいらしてます
そんな中ピーピーと泣き声が響き穴があったら入りたい気持ちでした
かかり付けの獣医さんでもそうなのですが何もしないのにつくなりピーピー鳴きます
この鼻ピーどうしたらいいもんですかね~(^_^;)
帰りに先生からチーズのおやつをもらったのですがずっとドアにべったり体をへばりつき
早く出してよ~と、先生からのご褒美も目に入らぬようでした
先生との話が終わりではさようならと挨拶をすませドアを開けた瞬間
すごい勢いで飛び出し一目散に逃げていく優祐でした
その力は凄くて私も引っ張られてしまいました
車に戻りやっと落ち着いた優祐君でした
本当に困ったちゃんです
また来年の検診まで気をつけちょっとダイエットもしなくちゃね
[PR]
by kenta_naokonet | 2006-10-13 14:07 | 健太・優祐・ジーナ


<< ドックラン 優祐と二人ぼっち >>