命日

3月9日 この日はずっと忘れられない日になるでしょう
2年前の今日健太はあの世に旅立ちました。
3ヶ月間の闘病生活、本当に良く頑張ってくれました
でもさすがの健太も癌という病魔には勝てませんでした
あれから2年、今でもあの時の事を鮮明に思い出されます
健太の事を書こうと昔の写真をいろい探してるとその時々の事が
鮮やかにプレイバックするのです
元気だった頃の健太
この前のキャンプの前日、私は健太を亡くしてから初めて健太の夢を見ました
夢でもいいから会いたいとずっと思い続けてきた事がようやく叶いました
KAZUはきっとキャンプに健太も一緒に行くんだよ
と言ってくれました
夢の中で健太に触れることが出来ました
大きな健太を抱きしめる事が出来ました
嬉しかった~!
d0074388_0214444.jpg




写真を探しているともう優祐の写真の方が多いのです
出かけてる所も優祐の方が多い感じがします
なんだかちょっと切なくなりました
健太と暮らしてきた1年半という年月、優祐は健太と離れ1人で暮らしてる生活の方
が2年と上回ってしまいました
優祐は健太の事覚えてるのでしょうか??
あんなに大好きだった健太の事、今あっても前と同じように甘えるのでしょうか?!
健太はいつでも優祐に優しく接してくれました
d0074388_0262276.jpg

この時の事覚えてるのでしょうか?
d0074388_0272277.jpg

伏せる時健太はいつもこんな風に手をアシカのように開いてました
d0074388_028580.jpg

安比に帰省途中、健太の為にとわざわざ宮城県のドックスパに寄りましたが
全然浸かってくれませんでした
d0074388_0295887.jpg

KAZUにいやいや抱っこされ大きな赤ちゃんです
d0074388_0303718.jpg

いつも口いっぱいにおもちゃを咥えて離しませんでした
d0074388_0311032.jpg

優祐はいつも健太の後を追いかけ遊んでいました
d0074388_0314639.jpg

二人でお揃いの洋服を着ていました  もう二度と一緒には着れないのです
d0074388_0324977.jpg

健太が幼少の頃育った大好きな安比高原
d0074388_0334996.jpg

重心が低くガッチリとした手足、長い胴私が大好きな格好いい体系でした。

健太の思い出がいっぱいです
二度と撮る事が出来ない写真
どれも私の宝物です
7年10ヶ月間私達と一緒に暮らしてきた証です
今でも健太が大好きです
[PR]
by kenta_naokonet | 2007-03-09 00:37 | 健太・優祐・ジーナ


<< 菜の花 プチ写真集 >>