最近のジーナ

ジーナが我が家にきたのは2年前の2007年4月でした
その前に1年間東京の白金に住んでいましたが訳あって我が家の子になりました
その時の様子はこちらからどうぞ

それまではジーナの出身地である北海道に住み、ブリーダーさんの元で繁殖犬として
約9年間を過ごしてました
おそらく数多くの子供を産みろくに散歩もせず家の中で暮してたのだろうと思います
なぜならジーナの後足の筋肉が悲しいほど本当に無いんです(>_<)
そして東京に来てからの1年間であっという間に太らされてその身体を見たときは本当にショックでした
まるでお相撲さんのようでその当時のジーナのあだ名は『どすこいジーナ』でした
d0074388_214060.jpg


当時の体重は40キロ、黒豚のようです
とにかく身体が重くてすぐにゴロンとなってしまう
歩くのもやっと
それが食事量を減らし適度な散歩で今は27キロまで落としました
ちょっと比較にはなりませんが現在のジーナがこちらです
d0074388_2112871.jpg

去年まではある程度散歩もできました


でも今年に入ってから気管支のゼーゼーが酷くなり寒い時期は気管支が詰まるようで
呼吸がとても苦しそうでした
そのせいもあって歩く事もままならなかったのですが
最近は適度な湿気もあるようで前ほどの呼吸の苦しさはなくなったようですが
ココに来て後ろ足の衰えが酷くなったように感じます

まず前足に後ろ足が付いていかず平な所でもつまずきます
階段では足を滑らせたりと足の問題がココにきてとても多くなりました

ジーナは12歳です
高齢の域ですがお友達のジョディちゃんはもうすぐ13歳になろうとしてます
さすがに今までとは違いますがでもまだジョディちゃんは泳ぎもするし歩くのもジーナほど弱ってません
そう考えると何頭もの子犬を産みカルシウムを取られ散歩もせず過ごしてきた若いときの代償が
ココに来て出てきたのだと思います

今の所大きな病気も無くココまできたのでジーナにはまだこれからも
元気に頑張って欲しいと願うばかりです
ただ一時無くなったお漏らしも最近また徐々に回数が増えてきました
長い留守番の時はオムツを穿かせています
人間の老人介護と同様、ジーナにもそんな介護がすぐそこまで来てるのでしょうか???
少しだけ不安な毎日です
でも普段、家の中で過ごしてるジーナは食欲旺盛、大樹にはおもちゃを取られまいと走り回ってる
元気なジーナばあちゃんですよ

d0074388_21281372.jpg

[PR]
by kenta_naokonet | 2009-07-01 21:31 | ジーナ


<< おじいちゃんの誕生日 朝から泳いできました >>