カテゴリ:ジーナ( 35 )

ジーナとお別れ

31日にジーナを送ってきました
関東は台風が接近して朝から雨風が強くジーナを運び出すのには少し大変でしたが
無事にお別れしてきました
d0074388_1030476.jpg


KAZUがダンボールでジーナの棺を作ってくれました
女の子だったので顔の周りにお花を飾って大好きだったご飯を添えて旅立たせました

今は健太、優祐と並びみなさんから送られた沢山のお花に囲まれて眠ってます

d0074388_10331670.jpg

d0074388_10475093.jpg


今日でジーナがいなくなり4日が経ちますが
何となく部屋が広く感じ、ストーカーされいつもジーナの視線を感じてたのですが
それが無くなり、物足りなく寂しさも感じます
元気だった頃はストーカーがあまりにしつこいので叱った事もありましたが
それがごく普通で当たり前の事だった
そのジーナがいなくなりやはり寂しいです
ジーナは元々男性が苦手だったのでKAZUより私命でした(笑)
まだ小さい小さい大樹を抱いてる時も『私よ!私がいるのよ!』とでも言ってるかのように
私と大樹の間に鼻をぐいぐい突っ込み割って入ってきてました
それは大樹が大きくなったいまでも同じで常に私の傍にはジーナがいました

大きくてドンくさくてでもとっても暖かくて優しいジーナ
ちゃんと天高く空に逝けたでしょうか
それが今は心配です
のんびりでいいから一歩ずつ虹の橋を渡って欲しいです
向こうには健太も優祐もいますから大丈夫だよね
2年間本当にありがとう
ジーナのお母さんになれて本当に幸せでした
SKの象徴でもあるジーナと暮せた事誇りに思います
ゆっくりゆっくり眠ってね
もう苦しみはないから
美味しいもの沢山食べてのんびりと楽しんで下さいね
本当にありがとう
ちょっとまだ寂しいからたまには夢にでも出てきてください
ジーナ、バイバイ

d0074388_10472190.jpg

[PR]
by kenta_naokonet | 2009-09-03 10:49 | ジーナ

ありがとうジーナ

8月30日午前4時15分 ジーナは永眠致しました
12歳3ヶ月   97年5月2日北海道で生まれブリーダーさんの所では何頭もの子供を産み
サマーキッド犬舎の代表でもありました。
犬舎崩壊後は一年間東京白金に住み、訳あってその後我が家に引き取りました。
その話を頂いた時、ジーナは健太の同胎の兄妹であり、優祐の母でした
引取りを拒む訳ありません
我が家にきて2年4ヶ月、その間誤飲による2回の開腹手術  そして肺ガンとなり
我が家に来てからは毎年病院通いでした
家に来た事が果たしてジーナにとって良かったのだろうか??
今回の癌の治療も他にもっといい方法もあったのではないか??
今でもジーナに一番の選択だったのかと思うばかりです

7月18日に肺に末期の癌と分かり、何も食べれなくなってから約一週間
その間、発作や痙攣、呼吸不全と何度もダメかと思いましたが
その度ジーナは乗り越え頑張りました
こんなにもこの子が強い子だとは本心思いもしませんでした
最後は苦しまず私達に抱かれスーッと息を引き取りました
本当に本当に良かったです


ジーナ、あなたは本当に強い子でした
いつも私の後を追いストーカーになり倒れてからは目でずっと私の事見てましたね
この一ヶ月床を一緒にし、いつもジーナの強い思いで夜中私を起こし
難を乗り越えました。
今回も何となく4時に目を覚ましそれから15分後にあなたは逝ってしまいましたね
私に教えてくれたのかな??
もっともっと余生を穏やかにゆっくり一緒に過ごしたかったです
あっという間に逝ってしまいなんだかとても寂しいです
でもやっと楽になれたよね
これで大好きなご飯もお水もいっぱい食べる事できるんだよ
本当にお疲れ様でした
ここまで本当に良くがんばってくれました
我が家の子になってくれて本当にありがとう
あなたと出会えて一緒に暮した2年間とても楽しかったよ
ゆーっくり安らかに眠ってください
明日、おかあさんは一緒に行けないけど天高く空に上っていくんだよ
ありがとうね
d0074388_22481816.jpg

[PR]
by kenta_naokonet | 2009-08-30 22:50 | ジーナ

その後のジーナ

その後ジーナは落ち着いています
前々回の発作の後から何やら走りだしました(笑)
先生に聞くと夢運動と言う物らしいのですが
本人は意識はないというのですけどこの時は目をパッと開いて
本当に走ってるかの様です
ずっと寝てる状態が続いているので体動かしたいのでしょうか???

ジーナが走ってます
こちらからどうぞ

これ以外は本当に静かに寝ています
息してるのかな~?  と思うほど呼吸は安定してます
ですが先日の日曜日に危篤になりました
突然息が荒くなり体温が上がり本当に苦しそうにしてました
酸素マスクを着け体温を下げるため体に氷を当て濡れタオルを体にかけ冷房を強くして部屋を冷やし
ジーナの苦しみを改善できるよう努めました
でもジーナの苦しみは続きこのまま続くようであれば先生にお願いして
楽にしてもらおうと、本当に私もKAZUも思いました
先生にも連絡して夜来てもらうように話していたのですが
その苦しみをジーナは6時間近く頑張り、体温も徐々に下がり呼吸も段々収まってきたのです
一時は死を本当に覚悟したのですがジーナは頑張りぬきました!
どうやらまだまだ私達のそばから離れたくないようです

やっと落ち着いたジーナがこちらです
d0074388_03157.jpg


その後は何とか安定しています
ですが口から水分も取れなくなっているので今は2日に一度点滴で水分補給しています
体は大分やつれました
ずっと寝ている為床ずれもでき痛々しそうです
昨日のジーナがこちら
d0074388_052543.jpg


脱水症状が改善して上体も持ち上げられるようになり意識もしっかりしているようです
目で私をちゃんと見てますから
最近ポカリを口から少しずつ飲めるようになりました

こちらが今日にジーナです
d0074388_075667.jpg


動画もどうぞ
こちら今日のジーナです

みなさんからご心配や励ましのメールを頂き本当にありがとうございます
先生も私達もジーナが後どのくらい一緒にいてくれるのか分かりませんが
ジーナが頑張って限り支えていこうと思います
とりあえず今のジーナは呼吸も安定し静かに寝ています
[PR]
by kenta_naokonet | 2009-08-26 23:45 | ジーナ

厳しくなりました

一週間まえまであんなに元気だったジーナですが
昨日から殆ど何も口にしなくなりました
意識もあまりないようです
昨日はまだ少しだけ食べたり水を飲んだり上体も起こしたりしましたが
今日はもう殆ど水も飲めないためストローで口に入れてます
今までの呼吸の苦しさはなく静かに、本当に静か過ぎて息してるのか??と
思うほど静かに寝ています
時々手足をバタバタと動かし走ってるような動作をします
先生の話だと脳に転移して神経系統を侵されているためだろうとの事です
この夢運動と言うらしいのですが自分の意思で動かしてるのではなく
意識なく勝手に動かしてるようです

でもその動作が走ってるようでなんだか夢でも見てるのかな?
なんて見ています
でもこれももしかしたら痙攣の一種なのかもしれないそうです

ジーナ、かなり厳しい状態になってきました
今まで頑張ってきたジーナにもう『ガンバレ』とは声掛けれません

願いはこのまま眠るように静かに静かに逝って欲しいと思うだけです

d0074388_2348020.jpg

[PR]
by kenta_naokonet | 2009-08-22 23:48 | ジーナ

今朝のジーナ

おはようございます
ジーナはとりあえず元気です (^_^;)

昨日先生が往診に来て頂いた時にステロイドと気管拡張の注射を打ちました
レントゲンで肺に腫瘍が見つかってから特にそれ以上の腫瘍の判別もしませんでした
あえて検査した所でどういった腫瘍かの断定をするだけで完治するものではないと判断したからです
それよりもジーナには負担を掛けず残された時間をなるべく苦しませずにしようと私達は決めました

先生からその腫瘍がリンパ腫のものであるとすればステロイドが一時的ですが有効だと言われました
そしてステロイドは気管を拡張する働きもあるようで昨日から始めました
昨日は注射で身体に入りましたが今日からは飲み薬です
朝からご飯もしっかり食べました

d0074388_8201866.jpg

d0074388_8205457.jpg

我が家のフードボールは陶器の物を使ってます
大樹にジーナの器を割られてしまったので
ジーナのフードボールは
ラーメン丼です(^^ゞ


伏せの状態が一番呼吸が楽な姿勢らしいです
あまり動かせなかった体ですが夜中から伏せたり寝たりとよく動いてます
少し薬が効いたのでしょうか・・・・
d0074388_8363281.jpg

[PR]
by kenta_naokonet | 2009-08-04 08:40 | ジーナ

発作

d0074388_169950.jpg

こちら先週土曜日のジーナです
全く歩けなくなり寝たきりになってしまいましたが
体調がいいと上体をあげてこんないい顔をしてくれます
先生もおっしゃってましたが肺ガンは呼吸だけなのです
血圧も心臓も安定してて食欲も落ちません
現にジーナは一度落ちた食欲も今は戻りガツガツと食べています
ただ排泄がネックです
食べれば食べた分だけお腹に溜まりジーナのお腹はポンポコポンでした
KAZUもブログで書いてありますが昨夜、いきなりゼーゼーと興奮し始め
呼吸が荒くなったと思ったら足を硬直させ踏ん張りおむつの中にウ〇チをしました
3日ぶりの待望のウ〇チです
ですがかなりの体力を使うようでその為には酸素も必要なわけで
ジーナは酸素不足の為、苦しくなりました
一生懸命に吸っても吸っても入らない酸素
癌で肺の大部分が侵されているジーナにとっては呼吸が本当に大事なんです
だから酸素が足りなくて苦しそうにしてました
私は身体を支え、横から垂れ落ちた舌に水を含ませたり身体をさすったりジーナに話しかけたり
しながらなんとか苦しみからずっと耐えてました
その状態が治まるまで40分ほど続いたでしょうか
やっと伏せ疲れたようで一気に眠りにつきました

何もしてあげれないもどかしさ、本当に辛いです
そして昨夜はそのまま静かに眠り今朝は9時ごろと遅い目覚め
大樹に食事の用意をしていると食べたそうにしているので
量を少なめにあげたら全部平らげました
本当に食欲だけはあるんですよ~(ーー;)

d0074388_16233860.jpg

d0074388_16235573.jpg

d0074388_1624731.jpg


こちら今日の午前中のジーナです
とてもすっきりとした顔してました
おやつを食べたり氷を食べたり・・・・・

異変がおきたのはわずか後です
横になり寝ていたジーナですが一番初めの時の様に手足の痙攣が始まりました
その後ベロを出したり引っ込めたりヨダレをたらし泡を吹くようになり目も開きっぱなしです
チアノーゼとすぐに分かりました
初めの発作とは違うのがすぐに分かりジーナと大きな声で呼びながら何度も前足の上辺りをたたきました
そしたら意識が戻り昨夜のような苦しい息遣いに変わりました
この状態も40分ほど続きすぐに先生に連絡し先生が呼吸器の手配をしてくれました

d0074388_16311768.jpg

こちら人間用の酸素供給装置です
酸素マスクも人間用なのでジーナにあてるとこんな感じになります
d0074388_16324755.jpg

でも少しでもジーナが楽になるなら・・・・

この後午前中の診察を終えた先生が心配で往診に駆けつけてくれました
先生が来たときにはすでに発作が治まった後でしたが
私がその時の様子を伝えると、一時的に血圧が落ちて心臓が止まったのだろうとの事でした
私が叩いた身体が心臓マッサージ的な役目をしたのかもしれません

ともかく最悪の状態は免れました
ただこのような紙一重の状態がこれから先頻繁に起こると思います
今は呼吸も安定して安らかに眠っていますが
常に酸素不足の状態になるなら覚悟を決めなければならないのかと・・・・

優祐のやせ細っていく姿を見ていくのも辛かったですが
ジーナの酸素を求め、もがきあげく姿は本当に辛いです
でも一番辛いのはジーナですから私達は私達に出来る事をするだけです
[PR]
by kenta_naokonet | 2009-08-03 16:43 | ジーナ

今日のジーナ

3日ほど前からジーナの後足に力が入らなくなり歩くのもヨタヨタとし時には倒れてしまうほどになりました
でもまだトイレにも何とか行けました
ですがやはりトイレ失敗するのが多くなりだしたのでジーナもおむつ生活になりました
d0074388_020358.jpg

d0074388_0203757.jpg

大型犬のおむつがなかなか合うのがなくて・・・・
近所のスーパーにはこのタイプのしかなく仕方なく穿かせていますが
なんとなくジーナもフィットしないらしく付け心地悪いようです





d0074388_0262688.jpg

             食欲もあり歩くのが少し大変になったもののまだ元気でした



昨日よりも足の弱さは酷くなり今朝は介助無しでは殆ど歩けなくなりました
それでもまだなんとか自分の足で歩きご飯も食べれていたのですが
午後になってからは横になったまま上体すら起こすのも自力では困難になってきました
日に日に衰えていくのが目に見えて分かります
こんなに時間が経つたびに状況が悪化するなんて信じられない速さです
そして朝は食べていたご飯も午後は残すようになりました
好きな肉などは食べてもフードは食べません
これは健太も優祐もみんなそうでした
固形物が嫌がるんです
なので肉と野菜を煮てミキサーにかけペーストにしてみました
そしたらなんとか食べれるようになりました
もう自分で起き上がることも出来ません
身体を倒れないように支えてなんとか食べさせます
まるで老人介護と一緒です
おむつをしたおばあちゃんの面倒を見ているようです
先週木クラでみんなに会った時とはまるで違います
呼吸は興奮しなければ安定していますが
暑かったり興奮するとなかなか安定するまで時間がかかります

d0074388_052943.jpg

                これが先ほど撮ったジーナです


d0074388_053964.jpg

           ジーナはこんな風に目をつぶって眠るんですよ
                   もう少し頑張れるかな??
             好きな物だけでもいいから食べて欲しいと願うばかりです            
[PR]
by kenta_naokonet | 2009-07-30 00:55 | ジーナ

気持ちいいわ~

d0074388_7574974.jpg

最近涼しくてジーナも快適に寝られるようです
この日もリモコン枕代わりに寝ておられました (^_^;)
『風が気持ちいいわ~』 と思ってるのかしら?









d0074388_758435.jpg
[PR]
by kenta_naokonet | 2009-07-22 10:53 | ジーナ

今朝のジーナ

d0074388_829761.jpg



ご心配お掛けしてるジーナですがだいぶ元気になりました
発作が起きたときは ”もうダメかも” とも思いましたが
食欲も戻り、呼吸も興奮さえしなければ穏やかになりました
でもすぐに興奮してしまうジーナで、困ってます


病気の進行がどの程度なのか分かりませんが
残された時間をジーナに快適に過ごせるよう気をつけていこうと思います

今朝のおやつを食べてるジーナです(クリックすると動画が見れます)
元気ですよ~♪
[PR]
by kenta_naokonet | 2009-07-22 08:29 | ジーナ

最近のジーナ

ジーナが我が家にきたのは2年前の2007年4月でした
その前に1年間東京の白金に住んでいましたが訳あって我が家の子になりました
その時の様子はこちらからどうぞ

それまではジーナの出身地である北海道に住み、ブリーダーさんの元で繁殖犬として
約9年間を過ごしてました
おそらく数多くの子供を産みろくに散歩もせず家の中で暮してたのだろうと思います
なぜならジーナの後足の筋肉が悲しいほど本当に無いんです(>_<)
そして東京に来てからの1年間であっという間に太らされてその身体を見たときは本当にショックでした
まるでお相撲さんのようでその当時のジーナのあだ名は『どすこいジーナ』でした
d0074388_214060.jpg


当時の体重は40キロ、黒豚のようです
とにかく身体が重くてすぐにゴロンとなってしまう
歩くのもやっと
それが食事量を減らし適度な散歩で今は27キロまで落としました
ちょっと比較にはなりませんが現在のジーナがこちらです
d0074388_2112871.jpg

去年まではある程度散歩もできました


でも今年に入ってから気管支のゼーゼーが酷くなり寒い時期は気管支が詰まるようで
呼吸がとても苦しそうでした
そのせいもあって歩く事もままならなかったのですが
最近は適度な湿気もあるようで前ほどの呼吸の苦しさはなくなったようですが
ココに来て後ろ足の衰えが酷くなったように感じます

まず前足に後ろ足が付いていかず平な所でもつまずきます
階段では足を滑らせたりと足の問題がココにきてとても多くなりました

ジーナは12歳です
高齢の域ですがお友達のジョディちゃんはもうすぐ13歳になろうとしてます
さすがに今までとは違いますがでもまだジョディちゃんは泳ぎもするし歩くのもジーナほど弱ってません
そう考えると何頭もの子犬を産みカルシウムを取られ散歩もせず過ごしてきた若いときの代償が
ココに来て出てきたのだと思います

今の所大きな病気も無くココまできたのでジーナにはまだこれからも
元気に頑張って欲しいと願うばかりです
ただ一時無くなったお漏らしも最近また徐々に回数が増えてきました
長い留守番の時はオムツを穿かせています
人間の老人介護と同様、ジーナにもそんな介護がすぐそこまで来てるのでしょうか???
少しだけ不安な毎日です
でも普段、家の中で過ごしてるジーナは食欲旺盛、大樹にはおもちゃを取られまいと走り回ってる
元気なジーナばあちゃんですよ

d0074388_21281372.jpg

[PR]
by kenta_naokonet | 2009-07-01 21:31 | ジーナ