<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ありがとう

皆様から沢山の弔文を頂きまして本当に有難うございます
本日、優祐を荼毘に付してきました
優祐は小さな箱に入って帰ってきました
d0074388_18341140.jpg

癌と診断され余命宣告を受けてから約1ヶ月間、3週間もまともにご飯も食べれず
日に日に痩せ細りそれでも最後の最期まで本当によくがんばりました。

いつも甘えん坊で頑固者で木クラメンバーの中ではリーダーシップの優祐が
こんなに頑張るなんて思ってもみませんでした
4歳になってもみんなからはユウチュケと呼ばれいつまでも子供っぽくて
悪戯するけど本当に可愛い可愛い子でした
健太がいなくなり悲しみに暮れてる私達の心の隙間にいつの間にか
スーッと入ってきて
健太以上に私達を虜にしてくれた優祐でした。

その優祐がこんなにも早く私達とさよならするなんて思いもしませんでした
病気が癌が本当に憎いです
悔しいです
もっともっと優祐と暮らしていたかったです


d0074388_18452652.jpg

昨夜、優祐の傍で横たわるジーナ母さんです
ジーナは優祐以上に甘えん坊で自分をとてもアピールする子です
優祐がいなくなってもそんなのお構いなし といったマイペースなジーナでしたが
この時ばかりは母となってるようでした
いつものように寝てるような優祐の亡骸です
今にも呼吸しそうな程自然に寝てました

d0074388_18484143.jpg

上の写真は優祐が亡くなる6時間ほど前のものです
病院から点滴を終え帰って来てからは歩く事もできずグッタリとなっていた優祐でしたが
KAZUがPCに向かいブログを書いている時、そして私が丁度お風呂から上がり
その光景を見たとき最後の力を振り絞り優祐は立って歩いて
私達の傍まで来てくれました
なーに?どこ行きたいの??  と聞いてもボーっと立ってるだけです
その内に息が荒くなりフラフラしてきたので伏せさせようとしても手足を突っぱねて
伏せさせる事が出来なかったのでKAZUが抱いてベッドまで運びました
その時、私は直感で最後に立ち姿を、『僕頑張ってるよ 見て見て』という
優祐のメッセージなんだと感じました

その後夜中から優祐の呼吸が荒くなり心配でずっと添い寝してました。
今まで一言も発しなかった優祐がこの時はピーピーといつもの鼻ピーをしたんです
私は優祐の体をさすり『どこか痛いの?苦しいの??』と「聞くのですが
一旦治まる鼻ピーも時間が経つとまたして
今度は後ろ足をバタつきしだして、なんだか誰かを追いかけてるかの様でした
それが3時間ほど続いたのでしょうか
いつの間に優祐の横で寝てしまった私がパッと気づくと相変わらず優祐の呼吸は荒く
体をさすりながら『大丈夫だよ 傍にいるよ』と言って様子を見ていると
優祐の呼吸がだんだん長くなり静かになっていき私が抱きかかえると
優祐は静かに息を引き取りました
まるで優祐に『僕もう逝くよ』と起された様でした
最後に私達に立ち姿も見せてくれて健プーでは驚くほど歩いて
そして優祐と言えば鼻ピー それも聞かせてくれて安らかに眠ったのです

あんなヒョロヒョロで小さかった優祐がいつの間にか立派に成長し
健太の亡き後、私達の大きな支えになってくれました
いつも明るくてめげない子でした
本当に可愛い子供でした
優祐、本当にありがとう
あなたは私達の宝でした
いろいろな想い出をありがとう
優とのお別れは辛く悲しいけど優祐が心配しないように
いつもの笑ってるお母さんに戻りますね
だから優祐も安心して健太の所へ行ってね
そして二人でまた私達の元へ戻ってきてください
それまでずっとずっと待ってるからね
優ちゃん、偉かったよ 本当に良く頑張りました
ありがとう

d0074388_1993522.jpg

10月13日  ジョディママさんに撮って頂いた山中湖での最後の家族写真です
[PR]
by kenta_naokonet | 2007-11-06 19:15 | 優祐闘病

友達

d0074388_18102933.jpg

昨日から歩くのも大変になってきました
でも気分がいいとスタスタと外へ歩いていきます
行ったはいいけど戻る体力はないので私が抱いて連れて帰ります
今日はもう私と朝の出勤はむりかな~???
と思いましたがムクッと起き上がりいつものように車に乗って行ってきました
そしてそんな優祐に会いに木クラのメンバーが昼過ぎに我が家に来てくれました
寝てる優祐に優しい言葉をかけて体を撫でてくれて我が子のように心配してくれます
昨日から注射器でヒルズのa/d缶を与えるようになりました
昨日は点滴中病院で少し食べてくれたようです
今日はみんなが来てくれてるうちに優祐に食べさせようと思い
なかなか上手くフードを注射器に入れられずハプニングも!
みんなで大笑いとなりました(^_^;)
みんなと会っていると私も優祐も本当に励まされます
こんなに笑ったのも何日ぶり事なのか?!
優祐はきっと呆れてるのかな???
でも友達って本当にあり難いと思いました
優祐の体のことを考えれば危機的な状態ですが
みんなが来てくれると明るくなり自然に笑顔になります
優祐も多分そんな私を見て喜んでくれてることだと思います
みんなからパワーをもらってまた明日からがんばれます
みんなが帰った後優祐もそのパワーをもらったのか注射器でご飯を少し
食べてくれました
水も自力で飲んでくれます
少しずつ少しずつでいいから口から何か食べてくれればまた元気も出てくれると思います
応援してくれてるみなさん本当にありがとうございます!
[PR]
by kenta_naokonet | 2007-11-01 18:27 | 優祐闘病